Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、淡水です。
会社の水槽、グッピーのみでリセットしましたが、なぜかオスのみ落ちました。。。
ですので仕事の帰りにグッピーを購入しました。
ついでにセールでダミーの石のオブジェも。
会社水槽こんな感じになりました。
DSCF1042.jpg
シンプルでいいですね。
スタジオに比べるとかなりシンプル。
なにげにこちらのほうが好みだったり。。。

スタジオ用には買わないつもりでしたがやはり・・・・

こんな感じになりました。
DSCF1045.jpg
さらにランプアイ、ヤマトヌマ(巨大)、こりずにネオンテトラを。
やはりバルテリーでかい・・・。

それと知人から引き取ってくれって言われこの子らがうちにきました。
DSCF1053.jpg
DSCF1050.jpg
ペアかわからないけどベタ。
久々のベタ、きれいです。
とりあえずオゲの指示通りグッピー水槽へ。
メスはグッピーとすぐに溶け込んだ様子だけどオスはいまいち・・・。
ついでにグッピーもいただいてきました。

その下の水槽のボス。
DSCF1052.jpg
まったく俺になついてくれません。
大きくなってきてかわいいとは言えない感じです・・・。
その後ろになにげにNO.2が。

隣の水槽のボス。
DSCF1054.jpg
こいつ、きれいでいいのですが、モスラはこいつが真ん中にいるとなかなか出てきてくれません。。。

淡水ばかりでつまらないので、うちのエースを。
DSCF1056.jpg
やっぱり、スカンクかわいい!!
スポンサーサイト
今回はTHE THREEの「裏切り御免」です。
今回も寝れないので適当にコピーしましたシリーズでコピー所要時間30分くらいです。
ですので期待しないでください。。。

今日、まず寝れなかったのでレスポールにやっと弦張りました。

DSCF1018.jpg

友人のローディ君が最近あまり来ないので、兵隊さんに手伝ってもらいました。

弦はずっと愛用しているダダリオの10~46です。
弦張りの前にフレットと金属パーツ磨き。
23301_b.gif

もうこれを使い始めてからは手放せません。
昔はピカールなんかで磨いてましたけど結構剥げるんですよね・・・。
それからレモンオイル、ボディ磨き、くらいしかしないです。。。

さて、動画ですが・・・すいません・・・普段の音量で誤って撮影したため、音つぶれています・・・。
ボーっとしながらコピーして適当に撮っているの丸出しですよね・・・。
今回はまだコピー段階なので1、2、ソロと分けました。
かなり適当なのでこれから煮詰めていきます。

まずは1番。



2番。



ソロ。



雑ですね。。。
音も爆音ではないですが、結構大きな音なのでデジカメのマイクじゃこうなりますよね・・・。
今回はヒュースの60を使用してかなり歪ませた音を使おうとGT-6のみで音作りしています。
メタルゾーンの歪みを使いました。
ゆっくりのピロピロはSDEではなくPS-2でやってます。


あと、細かいリフも徐々にやっていきたいと思います。

<個人用メモ>
GT-6:20-1、4
GFX-8:U1-4
H&K60R:5 8 5 5

誹謗・中傷はご遠慮ください。。。
今回は「KORG nanoPAD Black」です。
以前、雑誌で見てまた機材バカは心打たれました。。。
確か雑誌掲載はホワイトだったのでいまいちかっこよくないなぁと思っていたのですが、さすがはKORGさん、しっかりブラックも発売するようです。
で、発売前についついポチっと・・・・。
安いからいいんですけどね。
こちらです。
016157.jpg
説明書きはこんな感じです。

薄型で軽量のボディに、12個の高感度トリガー・パッドとリアルなドラム・プログラミングを可能にするロール/フラム機能を備えるX-Yパッドを搭載した、ドラム・フレーズをプログラムするために作られたコントローラーです。
ドラムの打ち込みに躍動感を大きくプラスする、ベロシティに対応した高感度な12個のトリガー・パッドは、4バンク48パッドまで使用可能です。さらに、和音の入力に使えるコード・トリガーにも対応しており、サンプルを中心としたトラック・メイキングに最適です。
また、トリガー・パッドはコントロール・チェンジ・メッセージも送信可能で、ミキサー・トラックのソロ・ミュートを頻繁に使うライブ・パフォーマンスにも便利です。
CCコントロール、ロール/フラム機能を搭載したX-Yパッドが表現の幅を広げます。シンセサイザーのパラメータをコントロールするだけでなく、音程を滑らかに変えるピッチベンド・メッセージも送信でき、ロール/フラム機能と組み合わせる事で、生楽器の演奏に限りなく近いドラム・フレーズを簡単に演奏することができます。
「KORG KONTROL Editor」を使用することで、制作環境にあったカスタマイズが可能となります。
ベロシティ・カーブを3段階+固定の計4種類から選択、モジュレーション・ボタン、CC MODEでのコントロール・チェンジ・メッセージの最大値、最小値などを変更することができます。
高音質なドラム・サウンドを多数収録した、Toontrack社のドラム用ソフトウェア音源「EzDrummer Lite」*のライセンスをバンドル(ダウンロードにより使用可能)。リアルなドラム・サウンドで、すぐにnanoPADを楽しむことができます。

う~ん、安いのにすごい。
今までで一番求めていた商品かもしれない(また!!!)です。。。
この価格でEzDrummerがついていることも大きなポイントですよね。
これでドラム打ち込みまた楽になるかなって密かに期待しています。
まずはSONARと同期させて・・・ドラム打ち込んで・・・。
ACIDでも・・・・・よだれモノですね。

といいながらはっきりした発売日知らないので忘れたころにうちにやってくるって感じでしょうか。。
今回はこの前、友人たちとスタジオにて麻雀をやったのですが、今まで座卓でやっていてやはり長時間では座椅子があってもつらい・・・。
そこで座卓に木材で足をつけて簡易麻雀卓を作ったところ、快適さが違うことを知りました。
DIYで作ってもいいのですが、頻繁に使うものでもないし邪魔になりそうなので色々探してみました。

本当はこんなの欲しいんですけど・・・・。
30295001.jpg

やはり、20万は超えちゃいますもんね・・・。

で、どうせなら折りたたみできてテン棒が入るやつを・・・ってことで
img55505881.gif
こんなのや、
img10634467420.jpg

こんなのを検討中です。
これなら使わないとき、しまって置けますもんね。
でも、この手のものって需要が少ないのか結構しょぼい作りなのに価格高いですね・・・。
仕方ないですけど・・・。

これで、きっとサイドテーブルなんかも欲しくなっちゃうんだろうなぁ。。。
なんかいいのないかなぁと思ってます。。

その前に、海水60cmを立ち上げですね。
オゲ、待ってまーす。
今回はなんだか眠れないので苦手な「1994 - LEVEL OF COMPLEX」のラスギグのソロを耳コピでチャレンジしてみました。
いつも苦手でCASE OFでも飛ばしちゃうんですよね。。。
今日、さっき耳コピを始めてまだ30分くらいで大まかに適当なポジションをおさえただけなので暫定的ですが・・。
あくまで自分のメモ用ですので、観ないでください・・・恥ずかしいです。。。。

まずはソロです。



かなり適当です。
結構、音拾いにくいです。。。

リフの前に今まで適当にソロのカッティング部分を弾いていたのでこれから徐々にカッティング部分も練習しなくては。
どうも、カッティングの細かい部分って耳コピ苦手なんですよね。。

ラストソロ。



グダグダです。。。
雰囲気出せばいいとかそういう問題以前ですよね。。。

これをベースに徐々に耳コピを完成させないと。
あくまで、ラスギグ風です。。
またある程度形になったらちゃんとタイトル付けてアップしようっと。
ちなみにパッチはラスギグ用にリバーヴ全体にかけて、ソロ用の音はピッチシフター強めにかけてみました。
ラスギグ聴くとどうもピッチシフターが特にソロに強く感じちゃうのは私だけでしょうか・・・。

<個人用メモ>
GT-6:14
GFX-8:U2-3
JC:2 2 3 5 6 0 3 3

誹謗・中傷は今回特にご遠慮ください。。。
今回は立ち上げましたBスタの60cm水槽です。
機材も水槽も底砂もレイアウト用の石、流木、水草、生体まですべて手持ちの流用です。
唯一、上部濾過のセットだけGEXのものを予定通り購入しました。
これは静かでお気に入りです。
なぜかやたら水がきれいになるんです。
濾過セットがいいからでしょうか?
完成はこんな感じです。
DSCF0991.jpg

DSCF0999.jpg

やはり600*450*450水槽用に買った水草ですので水草が大きいですよね・・・。
とくにアヌビヌス・バルテリーがでかすぎ・・・。
レイアウトはいつもながら適当です・・・。
飼育水までこなれた水で早く引越ししたかったので600*450*450からの流用です。
ですから立ち上げてまだ落ちた子はいません。

現在、ここにいる生体はエンゼルをメインに、ラスボラ、ラミノーズ、ランプアイ、ゲルモゲニー、オトシン、コリドラス、ヤマトヌマエビです。
ランプアイは1匹しかいなくなっちゃったから追加したいです。
立ち上げて結構気に入っちゃってます。
さすがに途中離れていたときもありましたが淡水の立ち上げは慣れているっていうか作業は理解しているので早かったです。
ここは当分こんな感じでいきます。
水槽台と撮影。

DSCF0994.jpg

DSCF0993.jpg

自作デスクですが、前回説明し忘れましたが、水槽の下はいつもどおりの構造で、一応着脱可能な棚板を付けました。
ここを外してもう一本・・・なんてのももちろん可能です。
強度的には隣の打ち込み作業デスクにも90cm水槽も余裕で置けるのですがそこまでしちゃったら完全に病気なので我慢。
打ち込み作業を快適にできる環境になりました。
結構打ち込みって面倒なので隣に水槽があると癒されますよね。

さて、これにより60cm水槽が空きました。
現在こんな感じです。

DSCF0996.jpg

早速、オゲに来てもらい、どういう感じで海水いくか配管やら色々見てもらいました。
配管など私にはわからないのでここはまたオゲプロデュースでお願いしています。
60cm水槽は珊瑚水槽にって気持ちはありません。
あくまで魚好きなので珊瑚は入れてもちょこっとでいいと思っています。
さぁ、これからまたどうなっていくのかすごく楽しみになりました。
オゲの言うとおり、一回海水はまっちゃうと大変ですね。。。
完全にはまっちゃいました。。。

ライブロック早くこなかなぁ。。。。
今回は完成したBスタのテーブルを。
カウンター風にする予定でしたが、壁がコンクリートですし、水槽を1本置くのでいつもどおりの水槽台に少しプラスαした形に落ち着きました。
完成はこんな感じです。

左側から。
DSCF0989.jpg

右側から。
DSCF0988.jpg

横から。
DSCF0985.jpg

結構いい感じになりました。
これを作るきっかけは前にも書いたかもしれませんが、メイン60cm水槽を海水にしたいというわがままから始まりました。
スタジオに入るとすぐにこの60cm水槽が目に入るので訪問した人にも目に入っていいかと思います。
機材は以前使ってたものの流用で、シクリッドを飼っていた時のNISSOの60cm水槽、照明とセットです。
濾過器は上部濾過ですが、NISSOのはポンプの音がうるさいのでGEXかどこかの水中ポンプを購入予定です。
グッピー水槽に使っているポンプですが結構静かなのであれがいいかなと。
生体は現在海水90cm水槽の隣にいる60cm水槽の生体を引越しさせるのでここはエンゼルメインの基本的な淡水水槽になる予定です。

今回は久々の動画アップです。
というより、久々に酔ってギター弾きたくなったので撮りました。
が!、残念ながら自分の不注意でデジカメのSDカードの容量が途中で一杯になったらしく動画が途中で切れてました。。。
なので、その途中までをサビ前までにして、サビとギターソロは別撮りしました。。。
すいません。。。
どうせなので、ソロはコピーってより、適当に弾いてみました。
いつもながら、酔いどれグダグダで、耳コピ&適当なので申し訳ないです。。。
今回は、実験でPCのWMPで再生して5.1chサラウンドで音出しして弾いてみました。
ギターの音が埋もれず、この方がわかりやすいからいいかもと思いました。

まずは最初からです。



途中、退屈だったので適当にリフ入れちゃってます(汗・・・。

サビ&ソロ。



最初はちゃんと弾こうと思ったのですが・・・途中から適当になってしまいました。。。

レスポールで弾こうと思ったのですが、弦があまりにも・・・・な状態なのでTE-HTで弾きました。
ジャキジャキ過ぎですね。

<個人用メモ>
GT-6:15-1
GFX-8:U1-4
H&K30R:5 8 5 5

誹謗・中傷はご遠慮ください。。。
今回は、この前の暴走モードの第一歩で、Bスタに淡水1本を持っていくために、打ち込み作業デスクの拡張です。
ここを改造します。
DSCF0874.jpg
このデスクを取っ払って、またDIYで作ります。
予定では打ち込みデスク&水槽台です。
結局スッキリするとなにか拡張したくなっちゃうんですよね・・・。

とりあえず、今日夕方材料をカットしました。
DSCF0975.jpg

うまくいくでしょうかね~。。。。
今回は「パッチ」をついに購入したのでそれを。
結局安かったので試しに目に付けていたものを買ってしまいました。
まずはこれです。
DSCF0979.jpg

BEHRINGER ULTRAPATCH PROです。
やはりこれをメインに購入。
上部の切り替えスイッチがわかりやすくていいですね。
2台購入しちゃいました。
意味はないです。。。

それからこれも。。。
DSCF0980.jpg

TASCAM PATCH BAY PB-32Pです。
こちらは定番ですね。
これは、オーディオ関係かBスタジオでキーボードの方に使う予定です。

とりあえずラックに入れたので面倒な配線をこれからやろうと思います。
ついでにHOSA製のパッチベイケーブルも購入しました。

現在のラック全体はこんな感じです。
DSCF0977.jpg

これでしっかり接続さえ間違えなければ、音作り時の敗戦組み換えは楽になるはずです・・・・きっと。。。
今回は海水魚プロジェクトがライブロック待ちでひと段落状態なので、何かないかなーってボーっと水槽を眺めていたら・・・・う~ん、悩みはないんですけどね~。。。
久々に海水始めてシステムをオゲに教えてもらい組んでもらい、高校時代とは全然違っていて想像以上に手軽になっていたので(まだ深くまで行き着いてないので・・・)完全にはまってしまいました。
水の透き通るような透明感、生体の美しさ。
すばらしいです。
それで・・・・



60cm水槽・・・・


立ち上げてまだ1ヶ月ですけど・・・・・
DSCF0961.jpg



「海水にしたい!!!!」


・・・・・病気です。。。。。


またオゲに相談しちゃおうっと。

オゲも言っていたけど本当に尽きることはないですね。
ギターや音楽制作もそうですが一回ハマルとだめなんです。
そして一回そうしたいなぁって思い始めると止まらなくて・・・。
オゲに悪いなぁ。。。
でもこの想いはオゲに伝えないと・・・。
今回はまた自作シリーズで「照明目隠し」です。
???って感じですが、この前、オゲと話し合ってまたやりたいことができたのですが、当初ロールスクリーンを天井に取り付けて目隠しする予定でしたが、ここまでDIYでがんばってきたのでやはり自作でと思いまして。。。。
色々やり方を考えて、途中、もう水槽はできているのでそこで一難、水槽蓋の空いている位置で一難、60cm水槽の照明の出っ張りで一難、溝彫りで一難・・・・など結構苦労しました。

完成はこんな感じです。
DSCF0961.jpg
なかなかうまくできたと思います。
これにより、若干照明の明るさも増しましたし、オゲの言うとおり幻想的になりました。

上のパネルは得意の溝加工した土台にはめ込み式です。
土台は60cmと90cm水槽の間の隙間埋め枠に固定しているのでしっかりしています。
もちろん着脱式にしているのでメンテナンス時などは簡単にこちらも外せます。
3枚にカットして餌やりも簡単にできるようにしています。
パネルはこんな風に三分割で外せます。
DSCF0968.jpg

3分割のカットの切れ目から若干照明が漏れて気になったので裏にもう一枚板をかましました。

横から見るとこんな感じです。
DSCF0967.jpg

若干、溝を大きめに作ったのでテープで厚み合わせをしました。
ですからパネルも厚いですしグラつきはないです。
パネルは艶なしクリアー塗装でうっすらコーティングしました。

ついでにこちらも作りました。
DSCF0969.jpg

60cmと90cmの間をバックスクリーン製作に使ったプリントベニヤの残りを使って装飾しました。
もちろん、水温計のコード部分はカットしています。

全体的に想像以上に良くなったと思います。
さて、次はどんなものを・・・・
今回はディストリビューターです。
ラックエフェクターに新たに導入です。
こちらです。
DSCF0972.jpg

TOA PD-150です。
さっそくラックに導入してみました。

DSCF0971.jpg

やはり安定した電源供給は素晴らしいです。
音に関しては、そんなに変わらないですがタップで配線ぐちゃぐちゃ解消しましたし、まだ空きがあるので安心して機材増やせます(汗。。。

実はあまりによかったのでこのTOA製の若干違うディストリビューターをもう一台購入しちゃいました。

それはまた今度。
今回は最近気になっているアイテム「パッチベイ」です。
ネットで色々な方のサイトを見ていると結構見かけるのですが、自分には必要ないかなと思っていました。
ですが、この前エフェクターラック作って配線を1から組みなおしていると結構機材が増えたので音作りの際、いちいち後ろまわって組み替えるのがめんどくさいんです。。。

そこで、購入しようか悩んでます。。。
色々調べると、結構色々あるんですね。。。
まだ、そこまで必要か?って疑問もあるのでもしお使いの方、使ったことある方おりましたら、魅力等を教えてください!!

現在購入にあたり、やはり定番のTASCAMにしようか、べリンガーもいいなぁと悩んでいます。
px-2000.jpg
結局、たぶんオークションで買うんですけどね。。。
安ければ何台か買ってDJ機材の方にも使いたいです。

悩んでます。。。。
今回はスタジオの写真を撮ってみました。
プロフィールに写真がないのも寂しいですし、少し前のだと現在のとかなり違うので撮ってみました。

メインデスク周り。
DSCF0946.jpg

アクアエリア。
DSCF0951.jpg

現在はこんな感じでギター弾いて休憩時用に椅子とキャスターキャビネットでちょっとしたラウンジ風に。
DSCF0960.jpg
魚見ながらお酒呑んだり、コーヒー飲んだりもすごくいいですね。

サブエリア。
DSCF0956.jpg

エフェクター&CDラックエリア。
DSCF0958.jpg

Bスタ。
DSCF0952.jpg

DSCF0954.jpg

なんとか少しでも広く使おうとここまできました。
オゲの提案でまたひとつスタジオ製作に課題ができました。
それはまた折々やっていきたいです。
オゲに図面ソフトいただいたのでこのスタジオの見取り図でも描きたいのですが、まずは使い方をしっかり覚えないと。。

最近、海水魚プロジェクトなどで忙しいのでギターはちょこちょこ弾いているのですがなかなか動画を撮ってアップまでやる暇がないです。。。
そろそろ動画もアップしなきゃ。。。
今回は生体追加と水槽蓋です。
この前の週末に、オゲに念願のB-BOXへ連れて行ってもらい購入です。
B-BOXは想像以上に生体数多くて感動しました。
また行きたいです。
ライブロック到着までのつなぎのためのライブロック購入が目的でしたがやはり生体も購入。。。
購入したライブロックはこれです。
DSCF0940.jpg
まださすがにこの水槽では少なくて小さすぎですが。。。

購入した生体は・・・
48001-1.jpg
スカンクシュリンプ。
息子希望のエビです。
かなりきれいでかわいいです。
写真じゃぼけぼけですが・・・
DSCF0931.jpg
現在はやっと慣れたのかライブロックのところに行ってくれました。

それと、これです。
26007-1.jpg
キャメルシュリンプ。
これは私が欲しかったエビ。
ライブロックの影に隠れて撮影はできませんでしたが3匹購入です。

って、今回はエビだけです。。。
ビーといい、どれだけエビ好きなのか・・・。

それとやはり病気で、淡水60cm水槽がコケが結構出てきたのでコケと残飯対策3部隊を購入。
今回はミナミじゃなくヤマトヌマエビ、オトシンクルス、コリドラス。
少しだけレイアウト変えて現在はこんな感じです。
DSCF0943.jpg

あと、びっくりスポンジも買いました。

それから、やっと水槽ふた完成いたしました。
DSCF0949.jpg
オゲに図面をおこしてもらい、アクリル加工屋さんを紹介してもらい、行って作ってもらいました。
かなり高級ないい感じに完成しました!
感謝!
写真でわかるように、どうも正面右が暗いのでとりあえず30cm用の照明(蛍光灯はカリビアンブルー)を暫定的に使ってます。
これも何とかしないと。。。

ですが、徐々に素敵な感じになってきました!
今回はすでに一昨日完成していたのですがアップする時間がなくやっとアップのエフェクターラックです。
まずは完成品はこれです。
DSCF0918.jpg

製作当初より少し変えて一番上に3U分まず確保。
ここは現在は何も入れません。
というか入る機材がないので今後のためです。
それと棚板はすべて真ん中を放熱処理のため空けて熱を逃がすようにしています。
市販品のとは違うようにすべてに棚板を設けて場所は食いますが機材に負担をかけない贅沢仕様にしました。
すべてシナランバーをカットしてつくり、さらにコの字に作って乗せて両サイドの側板でビス止めしているだけなので着脱もさらに追加も簡単な作業で出来るように拡張性も考え、製作しました。

計算どおり、ランバーのコバ口にビスが止まるようになっていますがしっかり棚板に乗っているので止める必要もないので現在は止めていません。
放熱のためにあけた棚板の隙間で奥行きの無いエフェクターの配線もスムーズにできるのもうれしい結果となっています。
ブラックに塗装しようかと考えましたが、製作して疲れたのと水槽台同様、やはり無塗装のほうが好みなので現在は塗装はしませんでした。
飽きて汚れたら塗装しようかと思います。
寸法も余裕見て作ったのでいい感じにできました。
一番上には、現在メインデスクにあるiPodのDJ機材でも乗せようかなとかミキサーかなとか色々考えています。

機材周り。
DSCF0916.jpg

こうゆうのも自作もいいもんですね。
愛着が沸きます。

今までスタンドラックの土台的役割でまったく使用していなかったアンプはBスタジオでこれから日の目を浴びることになりました。
DSCF0915.jpg

久々に音出しでストラトで弾いてみましたがいい感じでした。
何気にマイナーなメーカーのアンプですよね。
結構音はマーシャル寄りかなって感じですが、かっこいい音します。

さて、次は何を作ろうかな?
今回はオークションで格安で落札できて到着したモスラを。
オークションでは色抜け選別落ちということでしたが到着してみたら見事なホワイトモスラ。
しかも一匹おまけで入ってました!
死着なしで元気でしたのでゆっくり水合わせして投入。
写真写りよくないですがこれです。
DSCF0924.jpg
美しいですね~。
6匹元気です。
これでうまくいってくれれば。
少しはグレードあげたいってのが狙いです。
久々の淡水ネタアップですね。。
今回はやっと生体投入です。
本日、オゲの行きつけのショップへ連れて行ってもらいました。
バーがあるなんて素晴らしいショップでした。
生体も素敵な子がたくさんいて雰囲気もいいし、生ビール呑みながら水槽を見れるなんて最高でした。
そこで勧められたカクレを2匹、パイロットでついに投入です。
まずは温度あわせ。
DSCF0900.jpg
私用もあってしっかり温度あわせしました。
その間に補充用の海水作り。
オゲに教わって20リットル作ってみました。
比重計で確認してまぁ、まずまずかなと。
それから夜な夜な水あわせしました。
水あわせもしっかり時間かけてしたのですでにこんな時間。
それで投入です。
投入後すぐの写真です。
DSCF0907.jpg

DSCF0911.jpg

まだ投入して間もないので警戒しているのか隅っこです。。。
大丈夫かなぁ。。。
淡水と違ってかなり不安。。。

オゲみたいにデジ一じゃないのでコンデジじゃ接写はきついですね。。
いずれはデジ一、私も欲しくなりそうです。。。

それにしてもやっぱりカクレはかわいい!
明日の朝が不安です。
元気にしててくれればいいけど。。。
今回はエフェクターラックについてです。
現在はこんな感じです。
CIMG1333.jpg

なにも変わり映えないです。。。
簡易用?の8Uのラックスタンドに納めていますが、どうもこれじゃあ機材がかわいそうな感じがします。
上の2台以外は積み重ねですし荷がかかって熱も伝わってそうですし。。。

そこで、またまたDIY熱が。。。

なんとか一つ一つ小分けでしっかりしたラックを作りたいなと。
ほとんどラック式エフェクターは外に持ち出しませんし、ちゃんとしたラックに納めたいなと。
市販品の購入も考えましたがやはり自作の方が愛着もわくかなと。
せっかく作るのでまったく使用していないこのスタンドラックの下のアンプもどかして13~15Uくらいのものを作ろうかなと。
ネットで色々検索したらラックを止めるビス止めパーツも売っていましたが、別に固定する必要はないかなと考えています。
2Uのラックエフェクターもいずれもしかして買うかもしれないので一つくらいスペース作ろうかなとか色々構想中です。
また楽しみが増えました。
今回は海水プロジェクトの続編です。
まずはアップし忘れましたがオゲがオーバーフローの音対策でこんなものを作ってきてくれました。
わかりづらいですが・・・。
DSCF0891.jpg
出るところのパイプを曲げて水面より下になるようにしてくれました。
これでかなり静かになりました!
ありがとう!!

現在はこんな感じです。
DSCF0893.jpg

DSCF0894.jpg

いい感じですね~!
ライブロックも無事発注しましたし、現在海水を回してついに今週パイロットでカクレが入る予定です!

楽しい海水魚生活の始まりです。
なにげにここまで色々長かったぁ!!!

淡水のほうも今までいた魚の他に、苔対策でオトシンを追加しました。
さらにコリドラス、ラミノーズ、ゴールデン・デルモゲニー、ランプアイを。
苔なくなってくれてらいいなぁ。。

今回は最近ドハマリしている曲を。
この前、武道館2DAYS連発で行ってから完全にはまりました。
ASKAのライブは昔からあるたびに参戦してますがツアータイトル同様、個人的には過去最高のライブでした。

ライブは完全なオーケストラバージョンでこれまた素晴らしかったんですがシングルもいいし、PVもASKAにしては久々に?結構作りこんでいてかっこいいです。

想像ですがASKAはたぶん、鍵盤で鼻歌プラスDTMソフトで作りこみかと思いますが合間にアコギも使っていると考えられます。
ASKAの楽曲はいつも前奏・間奏がとても複雑なコードを使っているのでアコギだけでは表現しづらいのですが結構ライブなどではカポを使っているのでさすがって感じです。

今回のシングルカットの良さは個人的にちょっと前のASKAらしい壮大でとてもよく作りこまれていて、特にサビがASKAらしい伸びやかで高音に向かう持って行き方がうまいといいましょうか、それと締めがいいですし、うまく表現できませんがやっぱりさすがって感じです。
サビに持っていくBメロの作り方がいつもかっこよくてそれもいいんですよね~。

まぁ、百聞は一見(一聴?)にしかずですよね。





毎回のことながら、コーラスにCHAGEがいる気がしちゃうのは私だけでしょうか
今回は現在愛用している3本を。
ギタースタンドの統合で現在デスク周りにはこの3本しかないです。
DSCF0896.jpg
まずは絶対外せないFERNANDESのTE-HTです。
言わずと知れた布袋モデルです。
現在はノーマルセッティングです。
以前はEMG-SAにピックアップを変えたりしましたが結局F.G.Iに戻しました。
個人的にはF.G.Iの方がジャキジャキなサウンドで好みです。
F.G.Iは金ロゴですがすでに傷だらけで金の文字はほぼなくなってます(汗。。
購入は新品で15年ほど前です。
TEJシリーズはオークションなどでたくさん持ってますがTE-HTはサスティナーモデル以外はこれ一本しか持っていないです。
25周年モデルは買うタイミングと予算の関係で結局断念しました。。。
ものすごい欲しいんですけどねー。

それとこれまたフェルのBURNYのレスポールモデル。
とくに布袋さんの曲で使ってます。
ピックアップをセイモア・ダンカンのフロントをSH1、リアをSH4に変更しました。
ものすごく今は弾きやすくて鳴るのでお気に入りです。
以前にもレビューしましたがアッセンブリー等も大幅に変えています。

それからアコギはYAMAHA FS-423Sです。
こちらも以前レビューしましたが価格の割りに弾きやすくOOOサイズなのでネックも細くボディも小ぶりで特に1~3弦の音が素晴らしくいいです。
現在は弦のゲージを若干太めにしてローも結構鳴るようにさせています。

結局この3本で充分って感じです。。。
いやいや、他のギターも愛着がそれぞれあってたまに引っ張り出して弾いてます。

今回は会社の水槽です。
一時的にシクリッド入れて案の定、ネオンなどがやられたのでシクリッド落ちてリセットしました。
今回はグッピー水槽にしました。
こんな感じです。
DSCF0888.jpg
バックスクリーンはスタジオのメイン&海水の余りで作りました。
水草がもう少し欲しいです。。。
5日回し生体投入しました。
元気に泳ぎ回っていていい感じです。
この水槽は私の中で密かに繁殖を期待している水槽です。
ここでうまく殖えてスタジオのグッピー水槽に入れたいというのが狙いです。

DSCF0890.jpg
そういえばこの水槽台は自作の水槽台2号機です。
まだ、あの頃は今こんな風になるなんて思いもしなかったです。
今回は海水プロジェクトです。
本日、仕事あがりにオゲにうちに来てもらいろ過材と底砂を投入してもらいました。
現在はこんな感じです。
DSCF0885.jpg
まだもちろん濁っているのでこれで一日回します。
底砂の汚れなどを取る目的もあるそうです。

濾過槽はこんな感じになりました。
DSCF0886.jpg
すごい本格的になってきました。
今日水の出るところのパイプもいい感じにカットしていただきました。

さぁ、これで次は海水づくりだそうです。
連休だし自分もやれることやろうと思います。
もう一息ですね。
今日もオゲ、ありがとう!

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。