FC2ブログ

YAMAHA KX61+CUBASE AI4

 15, 2010 20:54
さて、とりあえずKXをいじりましたのでプチレビューです。

yamaha_kx61.jpg

まずはメーカー様の説明から。

充実したソフトウェアとの連携機能を実現
Cubaseとの高度な連携機能を実現する「AI Functions」
さまざまなフレーズを指1本で演奏できる「フレーズファクトリー」
KX Editorでパラメーターの割り当てを自由に変更可能

KX シリーズ』は、ソフトウェアを中心とした音楽制作環境と音楽制作の流れを徹底的に研究して作られたコントロールキーボードです。
DAWソフトウェアをはじめ、各社から発売されているソフトウェア音源をコントロールする機能を充実させ、実際の音楽制作の流れに沿って活用できる連携機能を搭載しています。
DAWソフトウェアの再生・録音などをコントロールするトランスポート機能、さまざまな機能を割り当てて活用できるアサイナブルボタン、30種類の主要ソフトウェア音源をコントロールするためのテンプレートなど、制作作業に必要な機能をひとつにまとめ、効率のよい音楽制作を実現します。

という感じです。
私的には、CUBASEを立ち上げてすぐにパラメーターや各操作がMIDIキーボードと連動しており、あとはマウスだけで済んでしまうのが非常に楽に感じます。
今までは立ち上げて、あれこれ設定して・・・・ってやっていたのですぐに楽曲製作に取り掛かれなかったので・・。

1C67436A768F42A780F209F6BEE86597_12074.jpg
KX Editorでパラメーターの割り当てを自由に変更できるのもGOOD!
よく使う操作を割り当ててさらに便利に使えます。

ボタンやつまみで便利にCUBASEを操作できるので本当に楽です。
2DE887F7BE4D4D8B8F468C1DF9588DBD_12074.jpg
ソフトシンセの立ち上げや設定変更も楽々ですよ。

ミックスダウンなどの作業もつまみが連動するので直感的にもいけますし、今までのようにマウスで微妙なタッチすることもなく便利です。

さらに、アルペジエータ機能があるので鍵盤弾けない人でもジャンルとイメージさえ沸けば気軽に作曲できちゃいます。
私は、とりあえず適当にドラムとベースをアルペジエータ機能で録音して、自分のギターを重ねてみましたが、充分結構かっこよくなりました。

そして、鍵盤数を61鍵にしたのも正解でした。
基本的に私の使い方はコード弾きや単音弾きなのですこしでも鍵盤多いほうが便利なんです。
ドラムの打ち込みも鍵盤多いほうが音色たくさん使いたくなるので広がりますし。

さて、CUBASE AI4ですが、SONARから移行しましたが、第一印象は・・・すごく親切!!
わかりやすいです。
screenCubaseAI4.jpg
ソフトシンセやオーディオトラックも一発でわかりやすいですし、クォンタイズも優秀です。

そしてなんといっても楽しみだったHALion One。
サウンドは素晴らしい!
YAMAHAにぴったりな感じです。
ドラムもなかなか使えそうです。
そのHALion OneがKXだとボタンですぐに呼び出せてすぐに好きな音色で弾けて録音できます。
本当に素晴らしい世の中です。

CUBASEに関してはやはりもう少し慣れが必要なのでとりあえずの使い方はほぼできるようになりましたが今後細かいレビューをすることはあると思います。

それから、YAMAHAからの付属のDVDがかなり優秀なんです。
中身は・・・
・IK Multimedia Sample Tank 2 Yamaha Edition
・FXpansion BFD Lite
・Arturia Analog Factory SE
・Sonic Reality RAW loops Yamaha Edition
・KeyFax Drum World MIDI Sample Library
・Sonic Reality OneSoundz Silver
・Yamaha S90ES Piano
・ASK Video Cubase AI Video Tutorial
が入っていて、ドラム音源で優秀なBFDだったり、アナログシンセやオーディオループも入っています。
このDVDだけでも結構なお値段しちゃうんじゃないかなって思っちゃいました。

って感じで、簡単ではありますが、お薦めな機材です。

すべて順調なようですが、最初は結構苦戦しました。
インストール順調に済ませ、いざMIDIの設定ってところで認識されず、色々いじったらどうやら今までKORGやら色々MIDIキーボードつなげてXPではもういっぱいな感じで・・・。
要らないファイル消してインストールしたら無事使えるようになりました。
そしたら次にHALion Oneに不都合が・・・。
レイテンシーなど特に問題なかったのですが、好きな音色を立ち上げるとエラーになって発音しないんです。
その問題も設定をゆっくり見直したら直りました。
今までもそうですが、購入していざ使えるように設定するまでいつも不安です。
ですが、無事使えるようになったら絶対すごい武器になるのでがんばってます。
ちなみに無事しっかり使える設定になるのに2日かかりました・・・・。

まとめると・・・・
いい点は、
・連動するボタンやつまみは本当に便利。
・CUBASEとの相性抜群なのが使いやすい。
・鍵盤のタッチは好みですが、充分いい感じ。
・アルペジエータ機能は簡単なラフスケッチにかなり便利。
・付属DVDがすごすぎる。

私的な不満点は、
・ボディがでかい(特に奥行きが・・・)。
・マニュアルが不親切・・・。

それくらいでしょうか。
機能的には最高ですよ。価格もありがたい感じですし。
DTMを始めようかなって方には25鍵などで簡単な打ち込みは充分だと思います。
もちろん機能的には変わらないのでお勧めです。

さぁ、今晩も色々いっじってみようと思います。

COMMENT 0

WHAT'S NEW?