FC2ブログ

YAMAHA FG-300D

 22, 2010 11:57
待ちに待ったギターが届きました。
到着時の写真を撮り忘れたのが悔やまれますがかなりすごい状態で・・・・。
真っ黒な弦、切れた弦もそのまま、手垢だらけの指盤、誇りまみれのボディ、やばい状態の金属パーツなどなど・・・。
まぁ、ジャンク品でしたので・・・仕方ないですね・・・。
第一段階でパーツをはずして洗浄、ボディ内部はエアーで飛ばして掃除機で吸い取って、あとはひたすら磨く磨く。
メンテナンスに使った道具はこちら。
DSC02706.jpg
さらに磨く磨く。
金属パーツはかなり気合入れて磨く磨く・・・。

第一段階完成状態はここまで生まれ変わりました。
DSC02700.jpg
いや~、見違えりました。
ですが、もう少しさらに磨く磨く。

ネック部は1フレットずつ養生テープで指盤をマスキングしてまずはフレットを金属研磨剤で磨く磨く。
それから指盤を磨いて、レモンオイルで仕上げました。
DSC02704.jpg
結構いい状態です。
フレットの減りも少なくそこはラッキーでした。

そして傷を前回のフローリング傷隠しで適当に隠して、ペグも磨いて取り付け。
DSC02703.jpg
かなりくすみや錆があったのですが、許容範囲まで生き返りました。
ゴールドパーツは高級感があります。

レモンオイルが浸透したころにもう一度全体に磨いて、ネック調整して弦を張りました。
今回は手持ちのライトゲージを張りました。

完成です。
DSC02712.jpg
いや~、結構手間かかりましたが(特に磨きが・・・)蘇ったと思います。
やはり楽器は大事にしてあげると期待に応えてくれますね。
結構かっこよくいい感じじゃないでしょうか??
年式も年式なのである程度の劣化はもちろん仕方ないですが今後しっかり弾きこんであげようと思います。

ボディは、胡蝶貝の装飾が素敵です。
DSC02714.jpg
現在のYAMAHAではこのクラスではありえないですよね。

ヘッド部も見栄え良くなりました。
DSC02724.jpg
研磨しすぎはゴールドパーツの金がとれそうなので色々な物を使って徐々に磨き上げました。
ピカールの使いすぎには注意ですよ!

このギター、ジャンクですがCDアルバムより安く入手できたのですが、それを思わせないほどのいいギターに見た目はなりました。
肝心の音ですが、すごくカラカラできらびやかで広がりますしいいです。
調整して弾きやすさも問題なし。
軽い順反りだったのも幸運でした。

とりあえず当分メインアコギになりそうです。

本日の1枚代わりに昨日バーゲンで面白いボトムを見つけました。
勢いでお買い上げしちゃいました。
これです。
DSC02708.jpg
結構フィットしまくる感じのチェックパンツなんですが、普通のボトムじゃないんです。

DSC02710.jpg
FENDERとコラボなんです!!
ほんとうなのかな、これって感じですが・・・。
おもしろいですよね~、うっかり買っちゃいました。
あまり好みな感じのものではないのですが・・・。

ポケット部にピック入れられるケースがついてます・・・・。
DSC02711.jpg
まぁ、飾りですね。。。

バックは結構おしゃれな感じです。
DSC02726.jpg
FENDERとコラボってネタ的に最高ですね。
でも・・・・はく機会あるのかな・・・・。

COMMENT 7

Thu
2010.03.25
23:48

カキ #-

URL

コメント残すの遅くなりまして、本当にすいませんでした。

あらためまして、ギター磨きお疲れさまでした。

数種類の磨き材?で丹念に仕上げられてますね!

あんなにピカピカになるものなんですねー。驚きました!

Edit | Reply | 
Fri
2010.03.26
11:46

koh #-

URL

No title

カキ>
最初はすごかったよ~。
真っ黒だったし・・・。
がんばりました・・・。

Edit | Reply | 
Mon
2011.10.24
16:03

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Mon
2011.10.24
16:32

KENMAKUN #-

URL

No title

初めまして。参考にさせていただきました。先日FG-300Dの修復を終え、「凧の切れた糸」の状態になっております。いやぁ研磨は疲れますね。バックの白濁とハゲたネックの塗装を何とかしようと頑張りました。仕事の合間、いや、サンディングとバフがけの合間に仕事ですね。ど素人なりにまずまずの出来映え。心ない友人が「ギター磨いとらんと腕を磨け」などとおっしゃいますが、腕を磨いてもなかなか光りませんので、ギターを磨いておる次第です。ともかくこのFG-300D、末永く大事にしたいと思います。

Edit | Reply | 
Tue
2011.10.25
11:37

koh #-

URL

No title

KENMAKUNさん>
白濁を直されたとはすごいです。
うちのも前オーナーさんがたぶん物置かどこかにしまっていたらしく湿気などで結構すごい状態でした。
でも磨いて調整したら結構いい音になったので現在メインアコギです。
ぜひリペア後のギターを見てみたいです。

Edit | Reply | 
Wed
2011.10.26
10:57

KENMAKUN #-

URL

ありがとうございます

インレイの胡蝶貝の装飾に惹かれ、なかば衝動買いしたようなものでした。これまでもそうでしたが、中古店で不遇なギターを見かけるとつい可哀想になって連れて帰ってしまう悪いクセが……。昨年購入したモーリスMD-507サンバーストなどは、ペグがくすんでいるという理由だけでCDアルバム3枚分の価格でした。なんとピックガードには保護フィルムが貼られたままで殆ど弾いた形跡もないしろものでした。ネックの反りもなく、ペグ以外は新品同様でした。パーツを全て取り外し、夜な夜な磨き続け、牛骨サドルに替え黒檀のブリッジピンにマーチンのライトゲージ! 恍惚です。Kohさんならわかっていただけるでしょうね。
あまりに美しく蘇ったので現在は観賞用になっていますが、FG-300Dとともにいずれ撮影しますので見てやってください。その前に部屋片付けんとなぁ……。

Edit | Reply | 
Wed
2011.10.26
17:05

koh #-

URL

No title

KENMAKUNさん>
ショップなどで中古ギターを見るとついつい連れて帰りたくなりますよね。

最近は激安ギターが気になっていて購入検討中です。
ブログなど始めましたらぜひ300Dをアップしてください!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?