FC2ブログ

LINE6 AMPLIFi150

 26, 2014 11:25
欲しくてたまらなかったアンプを結局発売日に購入してしまいました。。。
ちゃんと発売日に到着しました。

hako1.jpg

hako2.jpg

AMPLIFi150です。

内容はこんな感じです。

従来のどんなアンプとも全く異なる製品AMPLIFi。画期的な5スピーカー・ステレオデザインにより、パワフルでディテール豊かなサウンドを実現。革新的なiOSアプリAMPLIFi Remoteを使用したり、ギターリグをワイヤレスでコントロールして計200種類以上ものアンプ/エフェクトモデルを活用できます。

■ギターアンプ、コンボタイプ
■出力:150W
■スピーカー:5スピーカーステレオデザイン
・12インチカスタム Celestionスピーカー
・中域ドライバー×2
・高域ドライバー×2
・1/4"ギター入力、1/8"ステレオAUX入力端子
・1/4"ヘッドホン出力端子
・タップテンポ/チューナー機能
・内蔵プリセット4種(アプリ経由で無制限のプリセットへアクセス可能)
・ステレオ・ウェット/ドライ・エフェクトが没入感にあふれるサウンドを提供
・LINE6 FBV MkIIフットコントローラー対応(別売)
・USB端子
・Bluetoothストリーミング・オーディオ(Android、iOS、Mac、PCに対応)
■寸法、重量:571W×413H×241Dmm、16.2kg

・ステレオBluetoothスピーカーシステム
Bluetooth対応ディバイスからトラックをAMPLIFiへ、ワイヤレスで直接ストリーミング。内蔵フルレンジ・スピーカーが驚きのサウンドとボリュームをもたらし、カスタム・ギター・スピーカーはサブウーファーとして機能します。曲に合わせたジャム演奏、バンド・リハーサルに対応する音量も、パーティでの大音量にも対応。ケーブルからも、面倒な作業からも解放されます。ギタリスト向けの、究極のストリーミング音楽システムの誕生です。

・iOSアプリとクラウド接続
AMPLIFi Remoteアプリが、全く新たな可能性を提供します。アンプとエフェクトのトーン全てをワイヤレスでコントロール。クラウドに接続して、ギタリストが集うオンライン・コミュニティにトーンを公開できます。バラエティ豊富なトーンのブラウズ、評価、保存も可能。その上、画期的なトーンマッチング・テクノロジーが、ユーザーの音楽ライブラリー内のトラックにマッチするトーンを自動的に選出。ジャム演奏が全く新たな体験になります。

75か150で悩みましたが、やはり大きいほうがいいかなということとセレッション製のスピーカーなので150に。

なかなか開ける暇なかったのですが、我慢できず昼休みに開封、そして設置。

line6.jpg

GT-6の場所を移し、ドンと置きました。
まず、見た目はシンプル。
かっこいいです。

iPADのアプリと連携して音作りができます。
そして曲に合わせて弾くと自然な感じで音量も調整してくれます。
それと最適な音を世界中のユーザーが音作りしたものが候補に出てくるので楽しめます。

早速BAD FEELINGを流して弾いたらそれっぽい音があって結構気持ちよく弾けました。
まだ暇があまりないのですが、いじって慣れてきたら音作り色々試して自分もアップしたいと思います。

BLUETOOTHで接続でオーディオ代わりに音楽を楽しむのにも音もいいですしとても良いと思います。

なんといっても便利なのが手元でiPADをいじりながら音作りができるので今までのようにしゃがみ込んで~みたいなことはなくとても便利です。

追加でフットペダルも注文しちゃいますね。。。

さてさて、ギターはそんな感じで新たな刺激を受け楽しんでいますが、熱帯魚も週末に銀座のセールに行ってきました。

pau.jpg

目ぼしいのもあったのですが、我慢してルリヤッコ1匹とクラウンローチ3匹をお持ち帰り。
ルリヤッコはさっそくコバルトのボスとやりあってましたがすぐに溶け込みました。
エサ爆食いでいい感じです。

毎週セコセコちゃんと水換えもやっているので魚もサンゴもキープできてます。

mizu.jpg

スタジオでは、iTUNESにCDを取り込み続けて2ヶ月、やっと終わりが見えてきました。

des.jpg

膨大な数持ってるんだなと再認識、そしてめんどくさいの一言に尽きます。。

最後に、子供の卒園式、卒業式と仕事以外でも色々あるので新しいビデオを購入しました。

video.jpg

予算の関係でまたVICTORです。。。
これを使ってギター動画撮ってみたいと思っています。

COMMENT 0

WHAT'S NEW?