FC2ブログ

BOSS GS-10

 01, 2008 23:16
今回はたまには機材レビューでもってことで長年愛用しているBOSS GS-10です。
この機材に出会って私はDTMを本格的にやる気になったと言っても過言ではありません。

まずは外観から。
p23041h-7931736c7a10a43a81dd3cb8131d76d5.jpg

メーカーからの説明はこんな感じです。
「GS-10は、ステージやレコーディングの現場で信頼の高いGT-6/GT-6Bの基本性能をもとにした高品位マルチ・エフェクターです。テーブルトップ・タイプなので、エフェクト・セッティングもパネル上で素早く操作が可能。スタジオ・レコーディングやホーム・レコーディングに最適です。
 ギタリスト/ベーシストに人気の高いアンプと、そのキャビネットの特性などまで忠実に再現するCOSMアンプ・モデリングは、GT-6に搭載されている全タイプ、GT-6Bから移植されたCOSMベース・アンプ・モデルに加え、新たにモデリングを行った“T-AMP”、マイク用プリアンプなど全45種類を搭載。ギターのみならずベース、ボーカルなど、まさにマルチに活用できるプロセッサーです。
 さらに、ME-50で好評のNatural ODをはじめ、22種類のCOSMによる歪みエフェクト、7種類のCOSM WAH、やはりME-50で好評の、プリEQとしても便利なトーン・モディファイ、ギター用COMPとは別系統のレコーディング用COSMモデリング・コンプレッサーなど、BOSSエフェクターの粋を結集しています。
 また、COSMならではのカスタマイズ機能も充実。従来のアンプ、歪みエフェクトのカスタマイズ(各3タイプ)に加え、新たにスピーカーのカスタマイズ(2タイプ)を装備。オリジナルの音づくりも自在です。」
「GS-10は、ギター/ベースの音づくりからデジタル・レコーディングまで、多彩なニーズに対応します。ギター/ベース・インプットはもちろん、XLR/標準(TRS)対応のマイク・インプット、外部オーディオ機器を接続できるAUXインプットと、豊富な入力端子を装備。出力も外部モニターやオーディオ機器に接続できるステレオ・アウトプットに加え、ギター・アンプ接続のためのギター・アンプ・アウト、デジタル・オーディオ機器に接続できるデジタル・アウト、ヘッドホン・アウトと充実。
 さらに、MIDI IN/OUT、エフェクトの切り換えやワウに活用できるEXP PEDAL/CTRL1、2端子など、コントロール系も万全です。」

fig_system.gif

私の場合は色々試行錯誤してこれ以上につなげていますが。。。
とにかく使いやすいです。

disp_editor.jpg

付属のソフトで写真のようにコンパクトエフェクター感覚そのままにセッティングができます。

SONARを使ってオーディオインターフェースとしても使っていますが現在のオーディオインターフェースに比べ少し弱いところもありますが宅録レベルでは充分です。

私の中で一番使いやすいのはインプットセレクト。
ギター、マイク、ベース、USBとつまみ1つで瞬時に設定できるところです。

あとはおまけ的なミニアンプ内臓なのですがこれまたなにげに音も良く使えます。

使い方によってはまだまだ即戦力になると思います。

当時はこの写真を見てほしくなりました(汗。。。

intro_L_L.jpg

私も当時はノートPCで打ち込みなどをしていたのでこの写真のようにシンプルに録音できたらなぁって思い思い切って購入したのを覚えています。

もう生産終了なんですよね。
後継機らしきものも出ないしもし壊れたらどうしようかなって感じです。
うちのスタジオのシステムにはなくてはならない核的機材です。

古い機材ですが一家に一台的な感じですかね。。。

COMMENT 0

WHAT'S NEW?